コンセプト|住宅設計の想い

  1. ホーム
  2. コンセプト|住宅設計の想い

その土地だからこその、オンリーワンの家づくり

プロダクトホームが大切にしているのは、「この土地に、なぜこの間取りで、なぜこの素材で、なぜこの工法で……」という、施主様の想いをベースに、“なぜ”をどこまでも考え抜いた家づくり。どんな部分でも、しっかりとした根拠を持って設計・施工を行っています。

得意としているのが、狭小地や変形地、崖地といった立地での家づくりです。こういった立地では、その土地の特性やポテンシャルを十分に考慮して、「その土地だからこそ」の設計を行わなければ住みやすい家にはなりません。ここは、既存の間取りを土地にあてはめて家を建てるハウスメーカーではなかなか対応できない部分です。

狭小地・変形地・崖地という選択肢

狭小地や変形地、崖地といった土地について、皆さんは「安くても住みづらいのではないか」といったイメージをお持ちではないでしょうか。

しかし、実際はそうではありません。「いかに満足できる家を建て、心地よい空間をつくるか」ということは、どんな土地であってもきちんとした理論・ノウハウのもとに追求できるのです。

「親から引き継いだ土地が特殊な形状で、どうしたらいいか分からない……」「予算が限られている中で、理想に近い家づくりをしたい……」

名古屋近辺でそういったお悩みをお持ちでしたら、注文住宅で豊富なノウハウと実績を持つプロダクトホームに、ぜひ一度ご相談ください。

想いを共有しながら進める家づくり

家づくりを経験する人の多くは、その過程でこんな疑問を持つことがあると言います。

「間取りを考えたり、仕様をコーディネートしてくれたりはいいけれど、現場で働いている職人さんには、ちゃんとイメージや意図が伝わっているのだろうか……?」
「メーカーの人たちは協力的だけど、実際に現場で作業する職人さんたちは、どんな気持ちで仕事をしてくれているのだろうか……?」

ひとつの家ができるまでには、数多くの人間が関わります。基礎工事の職人、屋根工事のプロ、大工工事の職人、防蟻剤塗布工事の専門家……そのほかにもたくさんの職人がいて、さらに職人たちを取り仕切る現場監督がいる。

人から人へ、伝わっていく過程で、「次第に自分たちが思い描くイメージが、薄まったり、違ったものになったりして伝わってしまうのではないか」と不安になるのも、もっともなお話です。プロダクトホームは、家づくりにおける施主様の一番の理解者として、しっかりと想いを受け止め、オンリーワンの家づくりを行っていきます。

見た目のオシャレさではなく「機能美」を追求しています

プロダクトホームの家づくりでは、「豪華さ」「オシャレさ」よりも「機能美」を重視しています。「住みやすさ」を大切にした間取り設計や素材選びこそ、「よいデザイン」であるという考え方です。

人で例えるなら、「見た目だけが美しい・かっこいい人」ではなく、「美しい肌や健やかな精神を持つ健康的な人」を目指すというイメージになるでしょうか。末永く、心地よく暮らしていける。住めば住むほど味わいが増す。そんな家を、プロダクトホームではおつくりしています。

考え抜かれた「空間づくり」が、暮らしやすさの秘訣

暮らしやすい家に共通しているのは、「空間づくりがしっかりしている」ということです。それは単純に生活動線が整っているというだけではなく、「どのように光が差し込んで、どのように風が入ってくるか」といったことまで考えられているということ。そのため、プロダクトホームでは窓の配置に徹底的にこだわります。

また、長く使うほどに味わいの出る素材を使ったり、ワンポイントで石などの素材を使ったりすることで、暮らしの中で家に親しみを感じられるようなご提案も行っています。

常に「ワンランク上」のご提案を目指します

多くの方にとって、一生に一度の経験となる家づくり。分からないことだらけ、どうすればいいか迷ってしまう状態で当然です。プロダクトホームでは、そんな施主様の「なんとなくこうしたい」というイメージから家づくりの方向性を明確に引き出し、「そう、こうしたかった!」とおっしゃっていただけるような具体化を行います。

そのために必要なのは、綿密な打ち合わせ。「どんな家に住みたいか」ではなく、「新たなステージでどんな未来をつくっていくか」に重きを置き、施主様から想いをヒアリングしていきます。そして、そこへプロダクトホームならではのアイデアをご提案し、フィードバックをいただいたうえで、よりイメージ近づけるよう突き詰めていく――。家づくりのすべてに関わるものとして、施主様の最大の理解者として、施主様が言葉にできないイメージをかたちにしていきます。

家づくりのバランス感覚

何もかもが分業化された建築業界の中で、部分的に切り取ってご提案をするのは難しいことではありません。例えば壁材、例えば間取り、例えば照明。確かに個別のポイントだけを見れば、いいものに見えるかもしれません。しかし、お住まいをトータルで見たときには、実はチグハグになっていることも多いのです。

家づくりで大切なのは、住む人にとって最適なバランスです。空間づくりも、色づかいも、光と影のデザインも、すべてはバランス。プロダクトホームは建築のすべてを把握する家づくりのトータルプランナーとして、全体のバランスを考え尽くした、芯のブレない家づくりにこだわっています。

家づくりにおけるバランスには、コストバランスも含まれます。土地のご提案から家具の選定まで、総合的な見地からご予算内で、常にワンランク上の家をご提供するのが、私たちの務めです。

コンセプト

  • 動線設計
  • 極小・変形・崖地住宅